AmazonLinuxでcron実行時間が9時間ずれる

いつもuserdata

\cp -f /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

sed -i -e "s/ZONE=.*$/ZONE=\"Asia\/Tokyo\"/" /etc/sysconfig/clock
sed -i -e "s/UTC=.*$/UTC=false/" /etc/sysconfig/clock
echo 'ARC=false' >> /etc/sysconfig/clock

みたいにしてタイムゾーンを直しているのですが、cronをAM2:00に仕掛けたところ、AM11:00に動く(9時間遅れる)という現象が発生しました。

タイムゾーンを変更した場合は、

service crond restart

してcrondを再起動しないとcrondは変更に気づかず時刻がずれたままcronを実行してしまいます。

crondはrsyslogと違って、logrotateのタイミングで再起動したりしないので、忘れると気づかないままになったりしますので注意が必要です。