AmazonLinuxでメールを送る準備

AmazonLinuxには最初からSendmailが入っているので、とくに何もしなくてもメールを送信することができます。

しかし、送信可能なメール数が非常に少なく制限されていて、上限を超えるとメール送信ができないようにブロックされてしまいます。

(いつでも好きなときにいくらでも立ち上げられるEC2の特性上、使い捨て的にスパム送信サーバをつくれてしまうという事情からかと思われます。)

そのため、本格運用するなら

https://aws.amazon.com/jp/contact-us/

の「サービスの上限緩和の申請」->「Amazon EC2 Eメール」からメール送信上限の緩和を申請する必要があります。

RemoveEmailLimit

なお、逆引きできないサーバからのメールをスパムとして判定するところもあるので、一緒に逆引きのFQDNも登録しておきます。

申請後、反映には2,3営業日かかります。

しかしこれだけだと問題が起こることがあります。

 

SendmailのFromヘッダの修正

Sendmailのデフォルト設定では、メールのFromヘッダが、

ユーザ名@localhost.localdomain

となってしまいます。この状態でメール送信を続けると、行儀の悪いメールサーバとしてスパムデータベースに登録されてしまうことがありますので、localhost.localdomainのところを実ドメインに変更します。

修正箇所は以下となります。

vi /etc/mail/sendmail.cf
####################
# my official domain name
# ... define this only if sendmail cannot automatically determine your domain
#Dj$w.Foo.COM
####################
を
####################
# my official domain name 
# ... define this only if sendmail cannot automatically determine your domain 
Dj【ドメイン名】
####################

へ修正します。

修正後は

service sendmail restart

で反映されます。